検索

ミンスミートWS

最終更新: 2018年12月27日




おもてなしレッスンの後から続いた週末〜祝日の料理学校でのローストチキン講座が終わり、昨日は大掃除で今年の仕事は全部終了しました。



焼く前と、焼き途中だとちょっと生々しいですね。初めての生徒様は最初は悲鳴、でも出来上がると愛おしそうに箱に入れてご自宅のクリスマスパーティーに向かっていました♡中には私のELLEグルメの投稿を見て学校にお申し込みくださった方もいて嬉しかったです。



そして今日は待ちに待った

12月初めての丸一日オフ・・・🙌✨

1件だけ打ち合わせ終わったら健康ランドでぐうたらしちゃおうかなって思ってます。明るいうちからビール飲んじゃおうかな。ふふふ



先日のおもてなしレッスン。後半のコースをお召し上がりになって頂きながらテーブルやお花、料理をご紹介するレッスンの前に、ミニレッスンというものがあります。薫子先生のクラフト&お花系か私のフード系が交互なのですが、今回は私が担当。何にしようかなあ〜と考えた時が11月頭だったのですがミンスミートが浮かびすぐに12月末の試食用の仕込みを✨



ミンスミート。聞きなれない方もいらっしゃるかと思いますが、イギリス発祥の昔から親しまれている伝統的な保存食でドライフルーツやリンゴ、ナッツなどを、砂糖やスパイスと一緒にラム酒やブランデーに漬けて混ぜ込んだもの。各家庭でレシピがあるほど入れるフルーツの種類もそれぞれの分量も様々で1年以上寝かせたものをパイやケーキに練りこんで使用し、毎年新しく作って足していく存在です。映画のクリスマスキャロルやハリーポッター、ブリジットジョーンズの日記、天空の城ラピュタにもパイやプディングに使用されてミンスミートが出て来ます。


それにしても変わった名前。直訳すると「細かく切り刻んだひき肉」で冬季のお肉の保存方法の一つとして本当に羊や牛などのお肉を入れて作られていました。私の従事先の料理学校では現在も牛脂を入れて伝統的な作り方で毎年作り足していっています。古いものは15年前のミンスミートも。


私自身も毎年自宅で作ってきた上でたどり着いたオリジナルレシピでご紹介しました。通常の伝統的なレシピのものよりスパイスの種類も多く、ドライフルーツもいっぱい。そして今は身体にいいオイルがせっかく沢山ありますし、牛脂をEXVオリーブオイルにアレンジ♡生のりんごを入れますが、常温保存ができるのは梅酒のような原理。40度近い高いアルコールと糖度を守ってしっかり漬け込めば何年だって持つんです。10年物の梅酒の梅も食べられる、そのイメージです✨



イギリスでは『ミンスミート』をパイ生地に詰めて焼き上げた「ミンスパイ」が、クリスマスを祝うために欠かせない定番の伝統菓子として親しまれていますね。キリスト教文化から生まれたお菓子で、生まれたばかりのキリストが眠る揺りかごがモチーフとなり上に星型のパイが重ねられます。

(ネットから引用)

小さいサイズを沢山焼いてクリスマス当日から12夜にかけて1日1つずつ食べていくとその年は幸運が訪れるという言い伝えがあり、クリスマスと新年をお祝いする縁起物の1つ。ブリジットジョーンズも振られた後、2ダース(24個)食べるシーンや、ハリーが12個を一個ずつ亡くなった両親を思って食べるシーンはこのことからなんですよね。そんな縁起物をみんなで切って揉み込んでシェアして詰めて・・・2019年がいい年になりますように、と作るミニレッスンが縁起が良さそうでご紹介しました。中にはイギリスに長年住んでいらっしゃった生徒様もいて、この時期ミンスパイがたくさん売られていたと教えてくださりました。日本でも味噌を自宅で作る家庭がほとんどいないように、自家製ミンスミートというよりも市販のミンスミートで作られることがスタンダードのよう。初めて作ると楽しんでいただけて良かったです❤️


作り置きしておけば試食いただいたブランデーケーキを始め、ミンスパイ、アイス、クッキー、マフィン、シュトレン、チョコレート、ヨーグルト etc..となんでも使えますし、しかも簡単なお菓子に入れるだけでググッと本格的な味わいに。

実際にご用意したのは各回1キロで計8キロと、ケーキやジェラートとしてのご試食分であらかじめ2ヶ月漬けておいた3キロで計12キロ!一人当たり200g弱なのできっとすぐに無くなってしまうかと思いますがぜひ美味しい!と思ったらご自身のお好きなドライフルーツやナッツでアレンジされたりしてチャレンジして見てください♬


(手作りのミルクジェラートに混ぜてご紹介しました)


薫子先生のボードと小物で即席撮影コーナーも作り撮影タイムも設けてみました!面白い!と思っていただけるよう今後もWSで色々とご紹介していきますね✨


年内に書きたいことがまだ色々。また今晩に書きます。

素敵な1日をお過ごしくださいヽ(*^^*)ノ



  • Facebook - Black Circle
  • Google+ - Black Circle
  • Instagram - Black Circle

Copyright © Reiko Tsunabuchi ALL Right Reserved.