検索

アシスタントのお問い合わせ

最終更新: 2019年3月24日


仕事で海老を60尾くらい使って、頭と殻が沢山余ったので海老のビスクを作ってます。玉ねぎ、人参、セロリが入らず別炒めに。さらに海老ももう一フライパン。おいしくなーれ♫



さて、タイトルですが、昨年末に私のコンタクトページから頂いたアシスタント希望のメールについて書こうと思います。もうこんな私にびっくりな出来事でした。



昨年秋頃まで遡ります。


コンタクトページから1通のメールが。


そこには、丁寧に自己紹介からはじまり、私のアシスタントになりたいという熱い文章が綴られていました。



フリー1年目の私のアシスタントに・・・??


その方は宮城県在住の方でフードのお仕事を希望されていらっしゃる方でした。お人柄がわかるような丁寧で誠実な印象の文章で、思わず私も長文に。何通かメールのやり取りをし、こちらの現状をお伝えしながら、ふっとその方が私の会社員時代に重なったのです。


私自身も、20代の頃どうやったらフード業界に行けるか手探りで動いていた時期があり、今のようなフェイスブックやインスタグラムをしていなかった時期でしたので、料理教室サロンの特集をしているような本を買って片っ端から電話してアシスタントを募集していないか聞いては振られ、お皿洗い等させてほしいとお願いしたりしたなあ〜と。



諦めずに探し、募集している教室を見つけては休日に無償で料理教室の準備や洗い物、片付けをしていた日々を思い出しました。


いつか私もフリーランスになったらそんな感じでだれかに頼ろうとその時は考えていました。しかしいざ、その後私が入社した料理学校で経験を重ねて今思うこと。人に無償で仕事はお願いする感覚にはなれなくなりました。だったら自分1人でやる。


超大御所の方のアシスタントなら経歴になるからいいとしても、駆け出しな私のアシスタントなんて経歴にもならないと思うしお金もらわなきゃプラスにならいだろうし…ね(゚∀゚)


話は戻りますが、(その方を以下Nちゃんと呼びます)時々東京に出てくることがあると伺い、その方が東京にきたタイミングで、かつ、私がアシスタント代をお支払いできるような予算の案件があればぜひ・・・となりました。しかし、そのタイミングは合わないまま時は流れ2019年。ごめんね・・ 。


そのまま何も連絡しないのも申し訳なく,もし次に東京にくる機会があるなら一度ご飯でも、とお誘いしましたヽ(´▽`)/お仕事をお願いする上でも一度事前にお会いしておきたく。本当はおしゃれなお店でランチ・・・とお誘いしたのですが、東京にいらっしゃる日が

東京ドームテーブルウェアフェスティバルに行けるチャンスの唯一の日だったので,

お付き合いいただくことに。お誘いしたのはこちらなので1日のアテンド代は私が。

なんだろう、彼氏さん気分ヽ(´▽`)/笑



お会いしたNさんは想像通りのとっても素敵な女性で、一緒に回りながら色々なお話を聞いたりしたりしました。一緒に私の従事している院長のトークを聞いたり、STAUBの広報の方やおもてなしレッスンの薫子先生にも紹介。



シャンパンコーナーでは一緒に乾杯したり、見終わった後はドームホテルのビュッフェへ。


本当は表参道だとか代官山だとかおしゃれなエリアで話題のお店、または知っている美味しいお店にしてあげたかったのですが、この日しかドームに来れなかったので私の都合で振り回してしまってごめんね。それでもせめて少しでも楽しんでもらいたい一心で、私まるで親戚のおばちゃんのようだったかも・・・笑 


最後に2人で記念撮影をしてお別れ。私は銀座にあるお気に入りの和菓子屋さんのお菓子をお土産に渡し、Nちゃんからは宮城県の名物をたくさん!と、手作りのパイナップルケーキをいただきました。


お味も本格的で、開ける前のパッケージも本格的。



1日過ごしながらお話する中で、たくさんお話を聞き、私なりに冷静&客観的にアドバイスもたくさんしました。まず、こんな私のアシスタントになりたいと言ってくれたことに感動していること、しかし私みたいなフリーランス駆け出しの人につくよりも、名の通った、第一線で活躍中の料理研究家さんなり、フードコーディネーターさんなり、フードスタイリストさんにはじめついた方が絶対いいのでは…と思うこと。私ならそうします。仕事の量がまず違うから経験する量も違いますしね。もしくは月に数回のアシスタントよりも、私がそうでしたがどっぷり正社員でフード系の会社や料理学校に勤めるのが一番成長する気がします。


キツイけどね・・・色々 苦笑(゚∀゚)



いやあ、でも感動しましたよ。・゜・(ノД`)・゜・。Nちゃんありがとう!!!!





実はその一件以来も、今年に入り2度ほどこんなペーペーな私に問い合わせをいただくというなんとも光栄でびっくりな状況なのですが、上記の件によりお願いするならNちゃんにお願いしたいので、申し訳なく思いながらお断りしました。


・・・と言いますか


私まだ自分一人でできる仕事がほとんど。




では現在は全部一人でやっているかと言えばそうでもなくて、例えば自分1人で出来ない仕事の依頼がきたら、できる仲間にその部分だけごっそり業務委託する形で依頼したり、半分ずつようなパートナー的な存在で一緒に進めたり、または超短時間だけ手が回らない時は「時給1500〜2000円でほんと数時間だけなんだけどアシスタントお願い!」と少なくて申し訳ないけれど頼んで近距離の身近な仕事仲間におねがいしたりしています。Nちゃんが近くに住んでいたら3〜5時間だけ、とかお願いしたいですが、そのために新幹線で遠くから・・と思うとやっぱり躊躇してしまいます・・。



なので、Nちゃん!!私ももっと頑張って、新幹線できていただけるよう成長しないとですね。でも、絶対一緒に仕事ができる!というチャンスが今年また来た時には1番にお声がけさせていただきます。(1度イベント講師のお話が来て、アシスタントお願いしたのに企画自体なくなってしまってごめんなさい。新幹線もまだ予約してなくてよかった・・・。汗)


気持ちはすごくすご〜〜〜〜く嬉しかったです。このご縁には感謝。そしてずっと応援しています。私は諦めなければ絶対1歩ずつ目標に近づけると思っていて、私もまだまだ目標がたくさん。お互いに頑張りましょうねヽ(´▽`)/♡



今日も読んでいただいてありがとうございます〜!お休みなさい〜♬


  • Facebook - Black Circle
  • Google+ - Black Circle
  • Instagram - Black Circle

Copyright © Reiko Tsunabuchi ALL Right Reserved.