検索

最近の外食記録


気がつけば12月も間も無く中旬。


今年はコロナ事情もあり外食が例年よりずっと減ってしまいましたが、やっぱり非日常的な空間で美味しいものをいただくのってやっぱりいいものですね。・゜・(ノД`)・゜・。GOTOイートの登録もせず、使い方がわからないまま終わってしまいそうですが(面倒臭がり屋のアナログ人間)ここ2ヶ月での美味しかった記録を。




フランス料理 CRAFTALE」(中目黒)

10月にさかのぼりますが、美容料理家の石松利佳子先生とイタリア料理研究家の緒方美智子先生と一緒に。ミシュラン1つ星のフレンチで桜並木の目黒川沿いにある素敵なレストランでした。美智子さんとは仕事も食事も何度もご一緒していますが、利佳子さんとは撮影で仕事をさせて頂いた以来の再会で初めての食事でした。お2人ともに女優さん顔負けの美貌に素晴らしいご経歴。お尻の青い私は憧れの先生方を前にドキドキしながらも、お2人の飾らない温かいお人柄で、終始リラックスしてすっかり楽しんでしまった夜でしたヽ(´▽`)/



豪華食材も使いながら、さらに和のテイストや中華のテイストを取り入れたり、ワインペアリングだけでなくパンペアリングという新しいプレゼンテーションにワクワク。どのお料理も素晴らしく季節を変えてまた伺いたいと思う素敵なお店でした!




イタリア料理 LA BISBOCCIA」(広尾)

11月に期間限定の白トリュフフェアを見て夫と久々に行きたいねと。こちらはイタリア政府公認のイタリアンで一歩足を踏み入れると日本からワープしたような空間や本国の方々を中心としたスタッフやシェフの皆様が作り出す活気ある雰囲気に食べる前からワクワクします。


ワゴンでおすすめ料理の説明を受けてからプリフィクススタイルで白トリュフを堪能しました。あー幸せ。



久しぶりの広尾にちょっとお散歩したい気分でしたが家からの往復はタクシーで寄り道せず・・。・゜・(ノД`)・゜・。


日本料理 SUDACHI 」(広尾/青山)」

気のおけない友人2人と1年ぶりぐらいの再会。



本当は夏に海に行ったり誕生日会をしたりと頻繁に会えているのに今年は昨年の忘年会以来ようやく。過ぎ去った3人の合同誕生日会でもありました。こちらのお店は何度かお世話になっていて、ミシュラン1つ星の本店「ラボンバンス」の系列店で謎解きのようなお品書きにワクワクしながら運ばれてくるお料理も絶品で毎回楽しい。



食べきれなかった食事はおにぎりにしてくれました。しょっちゅう近況報告してガールトークしていたのにこんな開くなんて、来年はもっとこまめにあえますように。2軒目とかお茶とかしたかったけどこの日も往復はタクシーで寄り道せず・・。・゜・(ノД`)・゜・




日本料理 かんだ」(六本木/麻布十番)

12月の結婚記念日当日に。言わずと知れた13年連続ミシュラン3つ星の日本料理。



神田さんも同じ日が結婚記念日で「私も今日なんですよ〜」との一言にびっくり。色々な話を聞かせてくださりお茶目なジョークも。とにかく素晴らしいの一言で、2人で「美味しい」しか発してなかった気がします(笑)



写真遠慮していましたがどうぞどうぞとの事でスマホで。カメラ持ってくればよかった!





大切に持っていた愛読書にもサイン頂きましたヽ(´▽`)/



私の日々の料理は7年お世話になった元従事先に敬意を払い、学校方式を取り入れた調理法がベースですが、料理人の方々が出版されるレシピ本で試した方法を参考に家庭でもできるように変化して行った料理もたくさんあります。和食で言えば、昔お仕事でご一緒させていただいたり食べに伺った「分けとく山(広尾)」の野崎さんや昔時々伺っていた(「龍吟(前六本木/現日比谷)」の山本さん、「かどわき(麻布十番)」の門脇さんのレシピは(頑張って真似しても真似できないのは当たり前ですが)手に入らないものは代用しながらもどれだけ作ったかな*・゜゚・*:.。..。.:*・そして昔常連の方に連れていただき、四季の素晴らしい料理を何度も堪能させていただいた伝説の日本料理店「京味(新橋)」のサイン入りレシピ本も宝物。秘書時代「食の仕事に行きたい」と周りに言っては「無謀だ、無理だ」と笑われていたときも「頑張りなさい」と笑顔でおっしゃってくださり、食材のことや素人の質問にもカウンターで優しく答えてくれました。高いゲタを鳴らしながら毎回姿が見えなくなるまで見送ってくださり「一流の方とは」をいつも見せられた気がします。自分で払えるようになったら頑張って予約して夫にご馳走するつもりで再訪したいと思っていたので・・・閉店されたと知りショックでした。昨年天国へ旅立たれた事も春に記事で知り…。伺うことが出来て幸せでした。これからも本、大切にします。(京味閉店時の記事


まだ伺ったことがなくて、今一番恋い焦がれているお店といえば、いつも愛犬との散歩で通り過ぎる「神楽坂いしかわ」さん。来月こそ予約!と電話するもコロナ禍でもさすがの連日満席・・・。今年は店の前を羨望の眼差しで見つめながら通過するだけで終わってしまいそうです(涙)


外食するイコール人に話さずこっそりと・・みたいな雰囲気が悲しいですが、日々ただでさえ忙しい仕込みや営業に加えて感染対策までありがとうございますしかないです。2020年はまさかこんな年になるなんてと考えると悲しくなりますが、来年は笑い話にできているような普通の日々に早く戻るといいなあ〜。


今日はもう1個更新します。