検索

スタイリング担当サイト公開

寂地蒟蒻株式会社様のサイトリニューアルに伴い、昨年秋にサイト用イメージ料理提案&撮影スタイリングを担当させていただき、先日公開されましたヽ(´▽`)/




(BEFORE)


(AFTER)



とても楽しい撮影だったし、チームでいい作品を作れたので公開が待ち遠しかったですヽ(*^ω^*)ノサイトの写真を撮影裏側と合わせてレポさせてください。


先に言っておきます、長いです 笑



寂地蒟蒻株式会社様は、創業明治38年(1905年)と老舗の錦町農産加工株式会社を母体に生まれた“人の健康のために真実(ほんもの)をお届けする”ブランドで、「こんにゃく」と「天然水」「道の駅」の3つを柱として、日本の原風景ともいえる美しい自然に囲まれた山口県岩国市錦町で生産&発売されています。


双円様のカタログ撮影やケータリングなどお世話になっているアエテ株式会社様がプロデュースに関わっていらっしゃり、今回撮影スタイリングのご依頼を下さりました。打ち合わせの際に天才チームの皆様の遊びごころのある発想、アートなイメージ説明にワクワクで心震えました。こんにゃくを空飛ぶ絨毯みたいな動きで飛ばしたいというデザイナーさんの発想もあり、どうしたら実現できるか過去のスタイリング裏技ノートを引っ張り出したりして当日まで頭をひねったり(笑)


老舗企業様の美味しいこんにゃく商品&天然水で「驚きとワクワク、こんにゃくの新しい可能性を感じるイメージ料理とスタイリングをお願いしたい」とのご依頼。撮影カラーは企業イメージカラーのブルーのご指定でした。




商品をいただきまずは翌日1人試食会。蒟蒻リゾットや蒟蒻タピオカ、蒟蒻そうめんなどすべて感動レベル。リゾットはお肉や野菜を足してお米を蒟蒻でいただけるので糖質制限中に満足感あるし、蒟蒻タピオカもプリップリになるまで茹でてシロップに1晩浸したら、ムチムチ感とか似ててびっくり。しかもカロリーが高いタピオカと比べて蒟蒻だからググッとヘルシーですよね。


そうめんも冷たいつゆにつけていただいたらほぼそうめんだし、炒めてチャンプルー、温かくしてにゅうめんもいけてました。何より板こんにゃくが美味しくって蒟蒻くささがないのに驚きました。ダイエット目的に蒟蒻だけ食べるのでは栄養偏りますが、置き換えや補助食品として日々の食卓に取り入れたら「胃のほうき」といわれるくらい体にも嬉しいことが沢山なので美味しく低カロリーに健康的…と素晴らしいと思いました!


広めたい・・・・。

商品に惚れ込み、自宅で1人試食会をしながらスイッチがONになり燃えはじめました笑。


トップ画面にパーティーをしているイメージ&それぞれ料理の単品も撮りたいとのご要望。「単品撮影なら和洋中など全く違うジャンルの料理が面白い」でも「集合撮影ならジャンルがバラバラはぱっと見の統一感がなくなる」旨をご説明し、それでもスタイリング次第でどちらも程よいバランスになるようメニュー提案から。たくさん提案してご選定いただきました。


決まったのが

①チキンとマッシュルームのチーズリゾット

②竜田揚げ 2種のソース

③カルパッチョ2種

④ステーキ、

⑤蒸し鶏のフォー

⑥フルーツくずきり

⑦みたらし団子

⑧煮物

⑨タピオカドリンク色々


スタイリングとしてパンやバター、ナッツやドライフルーツ、ソースやドレッシング、グリーンサラダ、お花など準備しました。




当日は調理とスタイリングのご依頼にさらにブツ撮りがあったりボリュームがたくさんだったので私の調理〜スタイリングの往復や料理の再調理があった場合のロスタイムを考えると12時間のスタジオ使用内におさまらない気がしてフードコーディネーター のあっこさん(相田明子さん)に来て頂くことに。強力な方の参加決定のおかげで安心して当日をむかえられました。サポートでお願いしたのに時々スタイリングに入ってもらったり、調理を1言って100汲み取ってくれるので完全お任せしちゃったりと、頼りっぱなし…ありがとうございました🙇‍♀️



アエテのゆうこさんも何から何までサポートして下さり(;o;)いつも撮影では、運搬からリースの箱から出す作業、洗い物、アイロンがけ、スタイリング、片付け、梱包など一人でしているのでその日もそれは当たり前&調理作業が入ってくるのでいつもより効率的な動き方や撮影スケジュールを前日イメトレしまくってたのですが・・・。撮影中いつも振り返るとお2人がいて・・・。・゜・(ノД`)・゜・。


Oh..女神様…



人という字は・・人と人が支え合って・・・と

金八先生の説明が聞こえるようでした(涙)神様、仏様、ゆうこ様、あっこ様〜・・


リースはブルーの食器などを中心に、テーブルクロスや背景もブルーを。壁紙もオーダーしておきました。リースショップに並ぶブルー一色を見て周りのスタイリストさん方にどんだけあの人ブルー好きなんだ(笑)と思われたかもしれません。





リースがスタジオ直送できなかったので前日一度自宅に配送してもらうことに。

私物の食器やスタイリング関係道具などを気合を入れて前日早々玄関に荷物を積み重ね過ぎたら、

避けて入室してもらいました(笑) 



当日も、タクシーの運転手さんに「すごいですね〜何があるんですか〜?」と聞かれ、

「夜逃げするのって感じの荷物ですよね 笑。」と返したら


「そうですか〜頑張ってくださいね!笑顔」




・・・え?今ので納得したの???(゚∀゚)しないよ夜逃げ!



到着するとデザイナーの鈴木さんがまだスタジオ開く前で一番乗り。コーヒーいかがですか?と差し入れを地面に並べはじめて、わたしもどれにしようかなーなんてしゃがみながら選んでいたら小学生のお店屋さんごっこ気分で癒されましたヽ(*^ω^*)ノ笑


当日の流れをみんなで確認しあい、撮影スタート!自然光でとった方がいい料理を朝から夕方に、照明セットして夕方から夜までを商品イメージ&商品撮影のスケジュールになりました。時間のロス、調理を2度しないようにテーブルカットは事前にバミリ&カメラテストを依頼♪結果1回しかそれぞれ作らずにすみました。



テーブルが広範囲なので三脚どころではなく初めて見た天井につるす方法!




セットがレアすぎて、カメラマンの片桐さんがセット中を隠しどり♡



・・・・している姿を私も隠し撮りされていたよ(°▽°)笑

盗撮してる変態みたい(°▽°)


きっと休憩なくみんな撮影するかもしれないと、差し入れには腹持ちの良さそうな近所の美味しいどら焼きを。


お昼にと、双円担当の雅子さんから差し入れが届き癒されました。・゜・(ノД`)・゜・。



撮影も順調で、その途中途中の松武さん、鈴木さん、大場さんのやりとりがクリエイティブで聞いていて面白かったです。芸術センスや才能に長けている方々の会話ってワクワクするし刺激的。


テーブルではあっちを盛りつければこっちが状態が変わる・・など急がなければならないのでリーダーの松武さんに無茶振りする私(土下座)


お皿だけより人の手があった方がよりワクワク感が出るのでハンズイン撮影に。



 まるで礼拝中






単品も撮り終えて予定通りに料理は終了。







ここからがブツ撮りや、麺の持ち上げ、スプーンとリゾットなどを始め、あの蒟蒻が空を飛ぶチャレンジが!







ここまでみなさまNO休憩。お互いが座ってください、ちょっと座ってください、と言い合いながらでも本人は撮影に夢中で座らないという状況(笑)意見を出し合いながらみんなで夢中になるって楽しい。


まさに

ONE TEAM!🏉


そしてまさかの空飛ぶ蒟蒻は一発でテイク1で終了!きゃ〜!(ガッツポーズ)




出来上がりがこちら!!


アラジンの絨毯みたい!!



全員が熱い気持ちで撮影したサイト。私達のわくわくがサイトを通じて見る方々に伝わり、楽しい気持ちになったり、ちょっと蒟蒻料理たべてみたいな!と感じてくれたら嬉しいな。


元従事先の料理学校でまだ新人時代、江上栄子院長に「いやいや作ったものはいくら料理がうまくても味気ない冷たい味になるし、味大丈夫かなあと不安になりながら作ったものは決まらない味に感じる、焦って作ったものはそれなりの味に、自信を持って美味しくなーれって愛情を込めながらつくったものは必ず相手に伝わるものよ♡」と教えられた言葉は今も仕事やプライベートで料理をする上で胸にあること。


そこから持論に発展し、どんな仕事もそうだと思うように。楽しく情熱を込めて撮影した作品は見る人にも伝わると思うし、商品やブランドをどれだけ惚れ込んでるかもレシピにも出る気がして、大きな作業だけでなく小さなな作業ひとつにも自分自身がワクワクする、熱くなるって大事だなぁと思います。また、心に火をつけてくれる尊敬する方々や企業様とのご縁に恵まれているのは幸せなことだな〜って思います。


今日、病院帰りに先ほど近所のスーパーによったら、今までそのスーパーになかったのにまさかの錦町の天然水が!!!!


驚き。買っちゃったし、手にとって撮影してしまいました。みなさまのお近くにも取扱がありましたらぜひ!蒟蒻シリーズ美味しいから見かけたら試しに召し上がって見てほしい!


相変わらず長くなってしまいましたが、関係者みなさまありがとうございました!またご一緒にお仕事ができますことを楽しみにしています。読んでくださった皆様、いつもありがとうございます!素敵な週末をお過ごしください。




  • Facebook - Black Circle
  • Google+ - Black Circle
  • Instagram - Black Circle

Copyright © Reiko Tsunabuchi ALL Right Reserved.