検索

帰省記録 前半編

最終更新: 2018年8月26日

こんばんは!



休みも明けて仕事モードに戻りました。明日は終日食品会社様の定期撮影のため今日は下ごしらえを。前日に作って置けるものをつくりました。

くちなしの実。



栗きんとんのベースです。

真夏におせち。ちなみに春にハロウィンでした。大体半年先を撮影しています。



お盆休みの後半記録をすぐ書く予定でしたが、実は熊本帰省中にとても大事なものを紛失してしまい、まるで塩を乗せられたナメクジのようになって溶けるように凹んでました…



ん?何を無くしたかって…。


それか書いちゃうと、100%の方がえーーソレ?!あり得ないんだけど!!!

えー!!もう?!…と、驚かれるでしょう…とほほ。察してください…(°▽°)

ホンマアホ!!




戒めと言いますか、もうクヨクヨしても出てくるわけではないので、だったら笑いにしてしまおうと書いちゃうことにしました。熊本滞在はその件を除いて本当楽しい時間でした💗



滞在1日目は、親戚の方々が夫の家に大人子供30名ほど集まる日。私は夫のご家族とは半年ぶり、親戚の方々とは1年ぶりの再会でした。去年はまだ婚約期間でしたが、本当に温かい方ばかりで一緒に集まりで過ごしながらしみじみ「家族になれたら幸せだろうな」と感じたくらい。そして今回は嫁1年生として初帰省。



台風で欠航はなかったものの、大幅遅延で大遅刻…。前日から、“しっかりしたお嫁さんと親戚皆さんから思われるよう頑張ろう!”…と前のめりで意気込んでいたのですが到着したのが、もう皆さん食べ終わり歓談中でまもなくお開き前の雰囲気(°▽°)



お腹ぺこぺこだし、二人してまずは座ってビール飲んで、食べてあ〜美味しい…💗


…って、わたし役立たず!!

女性陣テキパキ働いてる!( ̄◇ ̄;)



目の前の空いた小皿なんかをちょっと片付けつつ、あぁ馬刺し美味しい…💗

…じゃないよ私!!



それでいいのか本家長男の嫁(°▽°)最後だけ女性陣にスーッと混じり、片付けや洗い物をマッハでやってみました…。


お母さんへ「来年からは前日入りします。」



2日目は観光に。夫も行ったことがないと言う宮崎県の高千穂に2人で日帰りで行くことに。高千穂峡以外はどこにいきたいか聞かれ、Instagramで見かけた高千穂牧場にいきたいと。同じ名前だから当然同じエリアかと私たち思ってたんだよね。熊本から高速を走り牧場へつくころ、一瞬見えた看板。



「ようこそ鹿児島県へ」



!?



高千穂峡はココ。


ランチも近隣でいきたいところを調べていました。流し素麺発祥の地だから流し素麺かな〜高千穂牛かな〜なんて言いながら。そして実際いる高千穂牧場を調べてみたら…ココ。



高千穂と付くから同じエリアかと思ってましたん…。



せっかくだから少し見ようとなり、

入り口の放牧エリアへ。



か、、かわいい…💗



餌付け中。

…とここで急などしゃぶりが。




近くの羊小屋へ走り、しばし雨宿り。

羊さんたちも雨宿り。



なかなか止まず、かなり長い時間を小屋の中で羊やウザギと一緒に過ごしました 。

駆け寄ってくてくれるキミ💗嬉しいんだけど、可愛いんだけど、

うんちぶら下がったままだから・・・スリスリはやめてぇぇ

毛に付いたまま乾いたカピカピ系の。



雨が一時的に、止んだのを見計らい中のイートインへ。



二人で絞りたて牛乳、ミルクでつくられたシェイク、ソフトクリーム、ヨーグルト(写真なし)をペロリ。乳製品を短時間でこんな食べることないのですが、あんまり美味しくて。

これだけ食べたし、まな板な胸も成長しないかな(*´∀`*)




さ、ランチランチ!と今度こそ高千穂峡へナビをいれたら、

所用時間二時間…

その時の時刻、14時くらい。 ボートのレンタル受付終了か16時…。

「礼ちゃんランチは諦めるよ!」

「はい!」


マッハで向かうことに。うん、それがむしろ二人でしたかったメイン 。

高千穂つながりでも場所がこんなにはなれてるの知らなかったから、

「むしろ気がつかなかったからこそ来れたんだしよかったー💗」

…と頑張って長距離を走る夫の隣で呑気なペーパードライバーのわたし。

後に落ち込む事件があるとはその時は気がついてませんでした・・・。




結果、16時には間に合ったのですがボートは予約が多くて受付終了。

でもパワースポットと呼ばれるだけある美しい景色に本当に癒されました。



マイナスイオンをたっぷり浴びて、パワーチャージ。



その後熊本に戻り、夜は温泉宿に。離れでとっても広くていいお部屋。部屋風呂にさっと入って着替えてのんびりしようか〜、とピアスやネックレス、時計を外し、指輪を外そうとしたら指に…



ない…!


……はい?



頭が真っ白に。

いつから?え?いつから?



朝はお茶碗洗うときに外してつけたはず。いや、つけたのか?私は。

そもそも今日一日つけていたのか?落としたのか?顎が開いたまま放心状態。泣きそうな顔で夫を見つめ、夫が意味に気がつき一緒に手元をみて、無言になる二人。



チーーーーーン



お母さんにも打ち明けキッチンにはなかったと。宿に持ってきた荷物のバックをひっくりかえし、車を見にいき、


ない…。


あからさまに落ち込む私に、

「今は忘れて楽しもう!美味しいご飯と温泉だよ💗」と夫。

…あんさん、なんでそんな優しいんか(´;Д;`)💗惚



でも頭の中はどこ?いつ?どうして?でいっぱい。



そんな中、部屋食を持ってきた仲居さんのパワーがすごくて(°▽°)!忙しいとは言え、笑えるくらいお料理の置き方もダイナミック&ワイルドスピード。(映画名か)


「はい、すいませんね!はい、こちらが!」

カシャ!トン!コン!

(あ…盛り付けの飾り落ちた。)


たまたま付けていたテレビのモニタリングの番組をみて一言。

「キムタクもおじさんになったなあー!」

仕事中にテレビ見て感想言ってる(°▽°)



お腹が膨れてきたので後の品数を考慮して少し残してしまった汁物に蓋をしてソッと寄せていたら、下げるときにパカっとあけ「あ、これまだね !飲みなさいと戻された(°▽°!「はい、すみません飲みます😂笑」



あの状況の直後。もはやあなた様に癒されました…✨笑わせてくれてありがとうございました。こんな事書いちゃったから宿はあえて載せませんが、ご飯は最高に美味しくて素敵な旅館でした💗



馬刺しも最高。




なんか書き始めたら長くなってきたよ。1回切ります。

後半へ続く〜。

  • Facebook - Black Circle
  • Google+ - Black Circle
  • Instagram - Black Circle

Copyright © Reiko Tsunabuchi ALL Right Reserved.