検索

ローストチキンとバースデー

今日は自宅で撮影や試作の一日。少し休憩で昨日のことを。



明日のクリスマスイブ目前の昨日の日曜日、Instagramお友達で一緒に案件をしたりアンバサダーをしたりとよくお世話になっている2人の友人と楽しい休日を過ごしました。


えみちゃん宅でしまちゃんのサプライズバースデーパーティー✨


きっかけはあるワインのプロモーションで私がローストチキンを投稿した時、しまちゃんの「やって見たい」という一言に私が「えみちゃん邸(勝手に人のうち)でやっちゃう?!」という感じのコメントのノリからトントンと。


決まった日が実はしまちゃんのバースデー直後ということもあり、表向きは私がローストチキンを2人に教える感じで裏ではバースデーパーティーで進みました。そのえみちゃん、「人のために行動する人で右に出る人はいないと言ったら?」ともしInstagramでアンケートを取ったら絶対1位確実だと思うくらい、本当に気が利いて情が厚く、行動力がある友人。


私が結婚する時も、籍を入れる日に共通のインスタグラムの友人に話しをしてくれて泣けるムービーを作ってくれたり、数年前のクリスマスには赤ワイン好きな私に赤ワインのケーキを試作してサプライズで送ってくれたり、先日北海道旅行では1から10まで旅程を考えてアテンドしてくれたり。それが私だけでなく誰に対しても出来ちゃうという。


一言でいうと


彼氏にしたい・・・・惚。・゜・(ノД`)・゜・。


・・じゃなくて。


彼女自身、仕事で忙しい中Instagramでもプロモーションやレシピ提案や撮影などもこなす忙しさなのにいつもすごいな〜と思います。そして当日、しまちゃんより1歩早めに部屋に入ると壁に風船が。



夫にしてもらってみたい憧れの風船・・!!惚。・゜・(ノД`)・゜・。

多分一生ないな。記念日なバラが一輪でもいいから欲しいとおねだりしても(ローズセレモニーか)そういうロマンティックなのはスルーだからね…遠い目(° v °)


えみちゃんが前日に風船を買いに行ったり、料理やケーキを準備しているのを想像して私が勝手にウルウル。私は前日の母の退院祝いで両親とランチをしたあとに買い物に回り、バットや金串、まな板、折り紙などなどを3セット買って丸鶏のスタッフィング用にポルチーニ茸と栗のピラフを炊いたり、鶏ガラからグレービーソース、おまけで赤ワインソースを作ったり。ローストチキンのシメにはいつもサムゲタン風スープを楽しむのでそれも伝えたいな〜とスープの材料を用意したりしました。




とってもお世話になっている2人に、翌日も周りや家族と楽しんでもらいたくってその日に食べるだけではなく、自宅でもう一回楽しめるように3羽用意し、1人1羽触ってもらうことに。私の見本を焼いてバースデーパーティーで食べ、それぞれが詰め物をして整えた鶏はお持ち帰り用に。


ローストチキンといえば、私が今年退職した料理学校で7年間毎年この時期に3桁を超える鳥と連日のローストチキン講座で格闘していました。もうすっかり慣れたけれど新人のまだ初々しい頃はあまりの鳥の数と、首がまだ半分ついているようなリアルな大量の姿に夢にうなされたりしたなあ(笑)


※去年のストーリーより



クリスマスイブ、クリスマスが土日の年であっても出勤はお約束で、ここ数年あまりクリスマスらしいことをした覚えがありません(笑)なので20代ぶりに今年はあした明後日は家で仕事する以外夜は何もないクリスマスなので不思議な感じ。


学校でのやり方は本当に伝統的で、中にはマッシュルームやレーズン、栗のご飯をつめ、長時間焼く間にカピカピになってしまう手羽先は落として足をかっこよく整えて焼くスタイル。そして上には玉葱や人参を乗せて途中で金網に落とし、同時にグレービーソースも作る手法でした。学校以外でも色々なローストチキンの焼き方を外で習ったりしたけれど私は学校の昔ながらのスタイルが一番好き。今では中身は違うご飯にしたり自分流に少しずつアレンジしてはいるものの金串を使って整える方法は愛用しています。


今回は焼いてすぐに食べられるように前日にグレービーソースは準備したので人参や玉ねぎは乗せずにローズマリーとバターで。周りにはローズマリーポテトを添え物として一緒に焼きました。


2人とも初めてとは思えないくらいさすが飲み込みがよくあっという間に完成。しまちゃんの息子さんのゆうくん(ゲキ可愛い)も途中お手伝いしてくれたりして私も癒されました〜。今回はレッスンとかではなく完全にお遊びだから途中途中撮影会が始まったり、違う話に飛んだり、プライベートならではで自由気ままな感じヽ(´▽`)/


しまちゃんの大好物、数の子が登場するとクールビューティーのイメージだったしまちゃんがはしゃぎ出して初めて見る一面にキュン!その人だけへの最高のおもてなし。家庭ならではでまさにこういうところですよね。


まだ焼きあがる前に、しまちゃんへのプレゼントタイムやえみちゃんのスンバラシイケーキの登場。デザイナーのしまちゃんはいつも本当オシャレでかっこいい。「料理でどうせ汚れるし」と全身ユニ◯ロになりがちな私に爪の垢が欲しいくらいセンスに溢れた方で、それが料理にも写真にも現れるんですよね。本当。この日にきていたセーターが激オシャレで、しまちゃんの手元で撮りたいと撮影会スタート。ちなみにこの日のカメラロールで一番多かったシーンがこれでした!笑






そして初めてお邪魔したえみちゃんちがそれは本当〜にオシャレ!!!

アンティーク調のテーブルに椅子。どこをとっても海外風で、絵になりました。シャンパンぽく見えるのはアップルサイダー♡シャンパンカラー、大好きです。美味しいえみちゃんの料理を楽しみつつチキンが焼きあがったらまた撮影会開始(笑)




2人の腕がすごすぎてまさに海外のアカウント(感動して震える)


そんなこんなで進めようとしたら中断、食べようとしたら中断する大人たちの様子を優しく待ってくれているゆうくん・・・(泣)何度か会っているけれど本当に優しい子!しかも超ジェントルマンなんですよ。途中風船バレーが開始してゆうくんの若さあふれるスマッシュにやられました(笑)



最後は取り分けた後の骨と取りきれなかったご飯は、まるごと煮出して締めのスープに。夜、えみちゃんが飲んでくれていました。


私これが大好きでわざとお米やお肉をしっかりフォークで取り分けきらずにお鍋にネギや生姜、野菜と一緒に煮込みます。お米がいい感じに崩れた頃自然なとろみになって美味しいんですよね〜幸。落とした手羽先や足先の骨もここに。


楽しかった会。2人ともありがとう。

そしてしまちゃん改めておめでとう♡

それではもう2品試作頑張ります♡


  • Facebook - Black Circle
  • Google+ - Black Circle
  • Instagram - Black Circle

Copyright © Reiko Tsunabuchi ALL Right Reserved.